プロフィール


天空の鏡を持つ姫巫女 一宮花プロフィール

 

1967年7月生まれ。平成元年生まれの娘(音楽家・リヨン在住)が一人。

 

岩手県生まれ、宮城県育ち。幼少の頃から布団の中で手のひらを合わせるとエネルギーの塊が感じられることに気づき、エネルギーボールを作って遊んでいた。両親は二人共、日本人。小学校まではこどもにはわからない大人の事情で、外国人登録証を持っていて、韓国籍。どうしてお父さんもお母さんも日本人なのに、韓国籍なんだろう・・・とずっと強烈に疑問を持ち続けながら育つ。ここに繋がったのは、だいぶ大人になってから。埼玉県日高市にある「高麗神社」へ参拝した時。初めて参拝したその時に「韓国籍で育ったのは、このかみさまに出逢うためだったのだ」と思えて涙が溢れて止まらなかったし、嬉しかったことを覚えている。後にヒプノセラピーで高麗神社さまとのご縁のある前世に返った時に、高句麗の神官をしていた自分に出会い、高句麗が亡びる瞬間を見る。将来は韓国と日本を相互に持ち合うあたたかな心による交流で繋がり、理解を深め合うイベントや活動に携わりたい。

 

小学校高学年には、ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ先生の占星術講座を通信で受講。毎日星の運行表を調べては、手書きでホロスコープを書き、友人達を占う。中学生時代はバスケット部だったため、占いやスピリチュアルな活動は休止。高校でジプシーカードと出逢い、文化祭での占いが大好評。友人のお兄さんが交通事故に遭うという占い結果が当たりすぎて怖くなり、やめてしまう。

 

スピリチュアルな活動の再開は、2005年虹と天使のお祭りへ参加してから。

2006年、ATP(エンジェルセラピープラクティショナー)由希子さんに出会う。エンジェルセラピー・オラクルカードリーディング・エンジェルリーディング・エンジェルヒーリング・ミディアムシップ等、エンジェルセラピーのすべてを習得。それまでは見えたり聞こえたりするとは全く思っていなく、スピリチュアルな能力は皆無だと思い込んでいたのが、講座の時の誘導瞑想のビジョンのシェアで、「見える(クレアボヤンス)能力」が得意だと氣づく。最初の誘導瞑想は、アトランティスの誘導瞑想。

 

その時見えたのは、大きな滝が遥か頭上から流れて落ちていて、ものすごい水の音。

滝の途中にある草むらのような場所から空を見上げると、数えきれないほどのペガサスが飛んでいて、滝に虹がかかっている光景。「ペガサスってこんなにたくさんいるのか」と目覚めた時にはっきりと思い出されるくらいの衝撃。そのうち講座へ参加する度、由希子さんから「今日はどんなビジョンが見えましたか?よかったらシェアしてください」と指名されるようになる。セッションの練習中にも、その方の家の中がはっきり見えて伝えると見えた通りのお部屋だったり、朝食べたものがオーラの中に見える等経験を積むことで、その見えたものが相手の方の抱えている案件を解決する鍵になることに氣づく。

 

戸隠神社へ初参拝した日に、帰り際「姫巫女」とかみさまに呼びかけられたことが「姫巫女」の始まり。

何も見えたり聞こえないと思っていた自分が、様々なビジョンが見えるのはどうしてなのだろう?と思った時に降りて来た言葉が

「天空の鏡」でした!私が見えているビジョンは天空の鏡に映っているもの。天から預かった鏡を持たせていただいているという氣持ちで今もオーラリーディング、カードリーディングをさせていただいています。リーディングで一人一人が本来持っている「幸せの源泉」に氣づき、人生を創造していくお手伝いをしています。

 

2010年丸山泰慶先生に出逢い、古神道の奥義・スピリチュアル能力の向上・成功法則について学び研鑚を積みながら、各地の神社へ参拝させていただき、ご縁のあるかみさまと仲良しに。「かみさまにご挨拶に行く」「大好きなかみさまに会いに行く」がベースで、毎月参拝を続け今に至ります。声が大きく無いので完全少人数制の聖なる空間での神社ツアー。

 

ルノルマンスクール認定 リーダー(シビル) 初級・中級Ⅰ・中級Ⅱ・上級Ⅰ講座講師 

神氣ヒーリング上級講座修了ヒーラー

神氣ヒーリング初級講師

HIKARIエンジェルヒーリングスクール認定 HIKARIエンジェルスペシャリスト

神聖幾何学マルセイユタロットリーダー

 

神氣ヒーリング初伝1day講座

日本のかみさま塾・神社ツアー

各種個人セッション・お茶会・ランチ会等を東京・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良・函館にて開催

 

かみさまに愛され守られ応援される神社参拝をご提案